2009年07月10日

毛髪理論

今日は営業が終わってから
(実はお客さんお1人様お待ちいただいていて
  ジョリママに任せて・・・)
工学博士 野村 恭稔先生の毛髪理論の講習会に行ってきました。
先月もあり、今日で2回目です。

パーマ・アイロン・カラー・縮毛矯正の施術するためには、
ただやるだけなら、技術さえ覚えれば
見習いでもやることはできます。

お客様の今の髪の状態を把握して、どういう状態にもっていけば
傷めずにきれいに仕上げる事ができるか。

また傷んでいる髪をどう保護し改善・補修したらよいか。

そもそも、日本人の髪・傷んだ髪・縮毛はどういう状態になっているのか。

それを把握してこそ、どう対処したらよいかがわかってくるのです。

どこのお店も、メーカー・ディーラー・道具やに
「この薬剤いいから使ってください!」と言われて、
マニュアルどおりにいわれるまま使っているのが現状です。
もちろん、ある程度の説明は受けているのですが・・・。

毛髪の構造を知り、この薬剤はどのような髪のどの部分にどのような作用をし
どのような状態になるかを充分に理解しないといけないのです。

パーマ液の種類一つとっても、システアミン・チオグリコール酸・
プチロラクトンチオール・サルファイト・システィンなど何種類もあり、
それぞれ用途が違います。

縮毛でも、ウエット時に伸びるけど乾くと出るタイプと、
ウエット時もドライ時も出るタイプでは髪の中の結合の仕方が違うのです。

この薬剤ではこの結合を切ることはできるけど、
この結合はあの薬剤でないと切ることができない。
というようにクセの種類によって薬剤も変わってくるし、同じ毛髪でも
髪の状態によって使い分ける必要があるのです。

日々勉強ですねぇ〜。
小学校6年生の息子がいるのですが、なんでも吸収できる息子の脳みそが
うらやましーと思うこの頃です。

たまには真面目な内容のブログもおりまぜていこうと思います。
posted by jolie at 19:54| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ヘアーアトリエジョリー
462-0845
名古屋市北区柳原1-18-8
タカノビル 1F
052-916-4789

平  日   9:00〜20:00
日曜/祝日9:00〜19:30
火曜日/第2・3月曜日定休