2009年02月15日

理容バサミの話

理容バサミ手(チョキ)の話を・・・。

まず、ほとんどの理容師はそうだと思うのですが

ハサミは皆、個人専用です

ハサミの開閉にも微妙にくせがあり
他人のハサミでカットすると切りにくく
また、他人に貸したハサミが戻ってくると
切れ味が悪くなって返ってくるバッド(下向き矢印)なんて話も聞きます。

昔は砥石で研いでいたのですが
今では研ぎ機なる物のお陰で
安定した研ぎぴかぴか(新しい)ができるようになりました。
と言っても、力加減や刃のあて方には気を使いますが・・・

ハサミの刃は真っ直ぐではなく
ゆるいアールがあります。
2枚の刃が挟み込んで切るには
このアールの具合が大変重要になってきます。
2枚の刃のアールが同じである事はもちろんの事
そのアールによっていくら刃が付いていても
全く切れないハサミになってしまいます。がく〜(落胆した顔)

だから(?)う〜んと高価なハサミは
怖くて自分では研げません。あせあせ(飛び散る汗)
そういうハサミはメーカーに研ぎをお願いするんですよ。



posted by jolie at 18:50| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

ヘアーアトリエジョリー
462-0845
名古屋市北区柳原1-18-8
タカノビル 1F
052-916-4789

平  日   9:00〜20:00
日曜/祝日9:00〜19:30
火曜日/第2・3月曜日定休